PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

【釣り方解説あり】家島の磯周りの船キス釣り。数、型ともに狙えるフィールド。とてもおいしい夏のキス。

山口雅三

夏の風物詩の一つといえばキス釣りがあります。

美しくおいしい魚なので釣り人にも食卓にも大変人気があります。そんなキスを狙って兵庫県家島の坊勢島に行ってみました。

お世話になった船は兵庫県から出ているシーローズ。

船長は釣り場の周りでミニミニ家島情報で島の歴史や地形のことなど社会科の授業以上に細かく楽しくトークを展開していただけます。

そんな楽しさを一緒に数、型ともに狙える家島のキス釣りをご紹介します。

【道具、仕掛けを準備する】

■竿
やわらかめの船竿、長さは2mほどで、錘負荷は15~30号のものでテンションのバランスが合うものです。

竿が硬いと食い込みが悪くなり、数釣りができません。

8:2程度のものがいいでしょう。

■リール

リールはスピニングでも両軸でも使用可能です。

片手の操作性から両軸のリールが好まれます。

船がポイントを移動していくので船からの投げもないことから両軸のリールで十分です。

道糸はPEの0.6~0.8号くらいを巻いておきます。 

■仕掛け
船のキス釣り仕掛けは市販のキス仕掛けで対応できます。

7号の流線バリが基本ですが、その前後サイズの針を用意していてもいいかと思います。ハリスは1号
です。

針は2本~3本、仕掛け全部の長さは1mくらいです。

その時釣れる魚のサイズに合わせるということで対応します。

キスは針ごと呑みこむので仕掛けの交換が結構あると思います。

予備の仕掛けは5~6個は持って行った方がいいでしょう。

■天秤

天秤の下錘は15~30号くらいのな姿か六角錘です。

天秤の長さは20センチくらいのもので絡まることはありません。

ポイントの水深は20~30mなので着底まで15~20秒くらいです。

市販の仕掛け 早掛け、流線、名称はいろいろ ハリス1号 1mの仕掛け

新鮮な生きのいいエサを確保しよう。

時に良型のキスがダブルでかかってくる。

活き青イソメが主流です。

針にさすときは約3cmくらいの長さにカットしてつけるので購入時の大小はあまり気にしなくて結構です。

夏場の釣りなのでエサもちが大事で、海水にぬらした木箱のような乾きにくい、温度の上がりにくいケースに入れて面倒でもクーラーや日陰などにおいて常に新鮮な状態を保つのが重要です。

木箱は水分が蒸発するとき放射冷却の効果もあります。砂を濡らしておくのがよいです。

一日の釣りでたくさん釣る方は大体60~80匹は釣られます。

そんな方でイソメ2000円分を目安に購入していくとよいでしょう。

釣ったキスは水を張ったたらいにいったん入れる。手返しを主体に行動する。

数を釣るためには、、、あたりのわかる釣り方、誘い方!

ポイントのつくと船長の合図で仕掛けを下ろして釣りを開始します。

■仕掛けの投入
仕掛けは真下に落としての釣りです。

船の流れる方に塩も動いているとして仕掛けを入れるとき、針のなびく方を潮下に向けると仕掛けは直線的になるので絡まりにくいです。

■誘い
着底したら、そのまま置いておくとしたら糸を出しながらになりますが、あたりは出ません。

船が動くので糸を出さずにおくと錘が引きずられるので、竿には錘のテンションが常にかかります。

これも魚の小刻みなあたりを合わせるのにきっかけをなくしてしまうので、次のようにします。

仕掛けが着底したら、10~15cmほど竿で錘を浮かせます。

船の揺れもあるので揺れているときは難しいですが、普段は風が小さければ播磨灘は凪いでいるときが多いです。

ですのであたりは明確に取りやすくなります。

一尾のキスが針を二つ食っているときがあります。

仕掛けが伸びていない証拠です。

また、あたりが二度あったら二尾かかっていることもあります。

ポイントの活性次第では連で掛けるのも面白いものです。

エサを大きくしたからと言って大きいのが釣れることもないのですが、大きさはポイントによって様々です。

ただし家島のキス釣りは25cmを超すものは結構います。

とにかく手返し!。時合には慌てず的確に、そしてトラブルなく。

一つのあたりですぐにあわせを入れて仕掛けを回収します。

活性が高い時は入れてすぐあたりがありますので、手返しがものを言います。

トラブらないこと。

エサの付ける時間をできるだけ短縮すること。

あらかじめ3センチくらいのを仕掛け回収の時、ポイント移動の時に10個くらい作っておきます。

イソメの体液で滑って付けにくい時があります。

その際は指に「石粉」をまぶして刺してください。

■釣れた魚の処置

キスの場合、神経締めなどは必要ありません。

たらいに海水を張っておき、釣れたキスはその中に話しておきます。

早い時点で酸欠になるのもありますし、頭部に衝撃を与えて締めることもあります。

クーラーに水氷を入れておいて瞬間冷却で締めるということもあります。

何をしてもおいしいキス料理…

■キスのうろこはどんな料理するにしても丁寧に取ってください。

■キスの天ぷら・・・頭を落として腹開きにします。

尻尾はつけたまま。

冷やしたてんぷら粉に卵黄を溶いて、カラッと揚げてください。

とてもおいしいです。

■大葉挟み揚げ・・・天ぷら子を使用してもいいですが、下処理はヒレ骨を取ります。

片栗粉を内側にまぶして大葉とチーズを挟みます。

または卵とパン粉で衣を作ってもいいでしょう。

■キスの炙り・・・刺身にして表面を軽くあぶって醤油だれでおいしいです。

■キスの昆布締め・・・お酒と昆布に浸して、ひたひたの昆布に三枚おろしのキスを挟みます。

一晩寝かせておいしくいただけます。

キス釣りの魅力とは・・

キス釣りは「ぶるぶるっ」と割と激しい小刻みなあたりが特徴で、25cm以上のものが釣れるとかなりテンションが上がります。

丸々太ったものならなおさらで、夏の暑さも吹き飛ぶというものです。

6月~8月が面白い時期で数型ともに狙えます。

仕掛けも安価で道具も簡単です。

食べてもおいしいお手軽なキス釣りを体験してみてください。

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

仕掛け」カテゴリの人気記事

」カテゴリの人気記事

人気記事