PR

釣割

会員登録(無料)

ログイン

ソルティガ ラフライドにヒラマサチューンモデル登場!2021年ダイワからリリース決定

釣割マガジン 編集部

ボートデッキからのキャスティングゲームで、大型の青物・ヒラマサを狙うのに作られたのが、2021年リリースのソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンです。

大海原に水飛沫が炸裂したら、その下にはターゲットのヒラマサがいるかもしれません。

ロングキャストで確実に送り届けて、効果的な泡を発生させながらヒラマサを誘ってみましょう。

ここでは、ダイワのソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンについてご紹介します。

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンとは

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンとは、2021年ダイワから新発売となる、フローティングタイプのダイビングペンシルベイトのことです。

サイズ設定は、全長が160ミリでウエイトが64グラムもあります。

ボディに高い浮力を持たせているので、ハイレスポンスなダイビングアクションを繰り出せるようになっていますよ。

当然浮き姿勢やアイの位置も重要で、ダイブしてからのウォブリング+ロールアクションもアングラーの期待値を超えてくれるでしょう。

ダイブしてから浮き上がる際のクイックなスライドアクションも持ち味で、フィッシュイーター化しているヒラマサの捕食本能に刺激を与えるのは、ほぼ間違いありません。

素早くリトリーブすることで、ベイトフィッシュが逃走しているような演出ができますが、アクションに破綻がないのでアピール力はじゅうぶん。

逃走スピードに反応しやすいヒラマサなら、しっかり追従してきてフッキングに持ち込めるでしょう。

ヒラマサは大きく成長すると、ウエイト20キロを軽く超えてきます。

そんな大物がバイトしてきても耐えられるように、高い強度の太軸フックを標準で装備しています。

具体的には、トレブルフックのサイズは2/0番で、それとフックアイをつなぐスプリットリングは8番です。

実釣の際には、トレブルフックの状態を常に確認するようにしましょう。

フックポイントが鈍っていると、せっかくヒラマサが食い付いてきても、フッキングに至らないことがあります。

口周りは意外と硬いですから、乗ってきたら素早くラインテンションを取って、泳ぐ方向と逆にロッドを倒し、フックを貫通させましょう。

一旦ロッドが曲がり込んだら、それが戻らないように注意しながら、じっくり引き寄せるようにしてください。

船長さんやガイドスタッフさんが、ネットでランディングしてくれるので、彼らの指示通りにロッドを動かすことを心がけましょう。

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンのディンプル構造に注目!

このダイビングペンシルベイトには、複数の凹み=ディンプルが設けられています。

ディンプルといえば、ゴルフボール。

その原理と同じように、飛行中の気流の乱れを整えてくれますし、強風のシチュエーションでも安定した飛距離を叩き出してくれます。

また着水後は、ディンプルに入り込んでいた空気が泡となって、ペンシルそのものを包み込んでくれますよ。

泡は、ヒラマサの目から一瞬ペンシルの存在を消し去り、すぐに出現することを繰り返します。

見失ったか?いやまだそこに居る!と判断したときの、フィッシュイーターの突進は凄まじく、豪快にソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンをくわえてくれるはずです。

ぜひ泡を味方につける演出を習得しましょう。

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンのカラーバリエーションは全部で5種類!

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンには、全部で5種類のカラーバリエーションが用意されています。

●アデルマイワシカラー

●アデル背黒カラー

●アデルトビウオカラー

●アデルピンクカラー

●アデル爆見えオレンジカラー

どれも視認性が高いので、ロングキャストしても見つけやすいのがいいですね。

しっかりダイビングアクションさせて、ボディ全体に泡をまとわせるようにしましょう。

釣り場で泳いでいるベイトフィッシュを観察して、それにマッチしたカラーをラインに結ぶようにしたいですね。

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンをキャストするのにおすすめのロッドをピックアップ!

それではソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンをキャストして操るのに、おすすめのロッドを選んでみましょう。

ダイワからは、オフショアゲーム用のキャスティングロッドが豊富にリリースされています。

大型のヒラマサの走りに耐えられるものなら、こちらがマッチしますよ。

ダイワ(DAIWA) オフショアキャスティングロッド キャタリナ 83MHS・E 釣り竿

ダイワ(DAIWA) オフショアキャスティングロッド キャタリナ 83MHS・E 釣り竿

最安値価格
¥34,584(amazon)

Amazonへ ¥34,584

楽天市場へ ¥34,584

Yahoo!へ ¥34,584

ダイワからリリースされている、オフショアのキャスティング用スピニングロッドです。

全長2.52メートルとやや長めなので、しっかり振って飛距離を伸ばせるようになっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は193センチです。

自重は340グラムで、先径/元径は2.5/16.9ミリ。

適合するルアーウエイトは、40グラムから100グラムまでですから、ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンなら余裕で投げられるでしょう。

適合するPEラインは、最大で5号までです。

実際に手にしてみると、振り抜けのいいシャキッとしたブランクで、パワー・トルクともにじゅうぶん。

長い時間キャスティングを繰り返せる使いやすさが、とてもありがたいですね。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格設定になっています。

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンの気になる発売日はいつ?

ソルティガ ラフライド160Fヒラマサチューンの気になる発売日は、2021年の7月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,300円です。

このペンシルでヒラマサの自己最高記録にチャレンジしてくださいね!

ソルティガの関連記事はこちら

船釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

人気記事